引越し1か月前までにやらなければならない手続きについて

引越しを行う上で、結構ややこしい手続きを行う必要があります。この記事では、その引越し1か月前に何をしなければならないかを紹介します。まずは、引越し業者の選定です。
荷物が少ない家庭で有れば自分たちでトラックをレンタルし家財を移動させてしまうのも良いでしょう。ですが、ほとんどの家庭は業者にお願いしなければならないと思います。
重要なのは、「金額」と「予定」です。業者の選定には意外と時間がかかります。そのうえで、一番安い業者を選定しなければなりません。一番良い方法は、1日の引っ越し査定の日にできるだけ多くの引っ越し業者を呼び、コンペのような形で見積もりを出させる方法です。
こうすることによって面倒な見積もりとりと、最安価な業者を一度に終わらせることができます。次に予定です。繁忙期であれば予定が直ぐ埋まります。できるだけ早めに予約をしてしまうことが大事です。
次に住居、駐車場の解約です。住居によっては更新月が決まっていて、その月に契約を更新するか解除するかを決めることとなっているでしょう。多くの場合は1か月前までに管理会社に報告すれば問題ありません。これが遅れればイレギュラーな費用を支払わない場合もあるので注意して下さい。
最後に子供の転校届けです。子供たちがいる家庭で有れば必ず行う必要があります。まずは、電話やメールなどで学校に伝えましょう。学校によっては細かい手続きが必要な場合があるので注意して下さい。
オススメは直接学校に出向くことです。こうすることによって、お礼を一緒に伝えられるのでオススメです。なお、転校の手続きには「在学証明書」と「教科書給与明細書」が必要になります。これは在学中の学校からもらえるので必ず保管しておいて下さい。