引越し1ヶ月前までに現住居の解約を申し入れる

引越しをすると決めた場合、現在住んでいるのが賃貸物件であれば、部屋の解約手続きが必要になります。
これは物件を管理している不動産会社に解約の申し入れをするのですが、契約ごとに「○日前までに解約の申し入れを行う」というものが決まっています。
おおよそ「30日前」や「1ヶ月前」と決まっており、「解約の連絡を忘れていて引越しの直前になってしまった」となっても解約日は連絡から30日後などに設定されてしまうのです。
この場合、自分で退去日を設定していても、解約日まで期間がある場合、住んでいないのに賃料を払うことになってしまいます。

なぜ賃貸物件の解約日が住人の申し入れから1ヶ月後などに設定されているかというと、大家や管理会社としては物件が空いてしまう期間を作りたくないためです。
退去直前の連絡で、住人に自由に解約日を決められてしまうと、次の募集に向けての準備期間が短くなってしまいます。
部屋が空いている状態は、貸し出している側としては何のメリットもないので、なるべくなくしたいと考えます。
1ヶ月の猶予があれば、そこから退去・部屋のクリーニングなどを考慮して、「○月○日から居住可能」という募集を前もって出すことができるのです。
うまくいけば、前の住人の退去から新しい住人の入居までの期間をほとんど空けずに部屋を貸せることになるので、解約の申し入れに必要な日数も余裕を持って設定されています。

このように、引越しをするなら、新しい部屋だけでなく現在住んでいる部屋に関わる対応もしておかなければなりません。
管理会社に電話で解約の申し入れをすれば、必要な書類を送ってくれるなど諸々対応してくれます。
引越しをする1ヶ月前までに、現在住んでいる賃貸物件の解約を忘れずに申し入れましょう。